« ☆MouseDownの処理で・・・。(2) | トップページ | ■Delphi 8 アップデート2案内 »

☆RichTextBoxの読み書き

[Windowsフォームアプリケーション]
RichTextBoxを使ってテキストファイルを読み書きする簡単なサンプルです。

新規フォームにRichTextBox1,Button1,Button2,OpenFileDialog1,SaveFileDialog1を適当に配置します。

uses System.IO;

//読み込み
procedure TWinForm1.Button1_Click(sender: System.Object;
   e: System.EventArgs);
var
 FS: FileStream;
 Path: String;
begin
 if (OpenFileDialog1.ShowDialog =
   System.Windows.Forms.DialogResult.OK) then
 begin
   Path := OpenFileDialog1.FileName;

  //RTF(Rich Text Format)以外の読み込みではエラーになる。
  //RichTextBox1.LoadFile(Path);

  //テキストファイルを読み込む。
  RichTextBox1.LoadFile(Path, RichTextBoxStreamType.PlainText);

  //ストリームを使って読み込む。
  //FS := FileStream.Create(Path, FileMode.Open,
  //     FileAccess.ReadWrite);
  //RichTextBox1.LoadFile(FS, RichTextBoxStreamType.PlainText);
 end;
end;

//書き込み
procedure TWinForm1.Button2_Click(sender: System.Object;
   e: System.EventArgs);
var
 FS: FileStream;
 Path: String;
begin
 if (SaveFileDialog1.ShowDialog =
   System.Windows.Forms.DialogResult.OK) then
 begin
  Path := SaveFileDialog1.FileName;

  //RTF(Rich Text Format)として保存する。
  //RichTextBox1.SaveFile(Path);

  //テキストファイルとして保存する。
  RichTextBox1.SaveFile(Path, RichTextBoxStreamType.PlainText);

  //ストリームを使って保存する。
  //FS := FileStream.Create(Path, FileMode.Create,
  //        FileAccess.ReadWrite);
  //RichTextBox1.SaveFile(FS, RichTextBoxStreamType.PlainText);
 end;
end;

|

« ☆MouseDownの処理で・・・。(2) | トップページ | ■Delphi 8 アップデート2案内 »