« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »

☆Microsoft SQL Server 2005 Express Editionへの接続

仕事が忙しくなかなかプログラムする時間がとれず、このブログもほとんど更新できていません。
ところで昨日、Microsoft SQL Server 2005 Express Editionをインストールしたので、ちょっと使ってみました。私のは、Professional版なので、DBExpressはドライバーがないため、ADOで接続しました。接続文字列の設定がわからず、試行錯誤した結果、次の設定で使えるようになったので書いておきますね。

ADOTable1, DataSource1, DBGrid1をフォームに貼り付けます。
それぞれを設定しておきます。
ADOTable1のConnectionStringのボタンを押します。
データリンクプロパティのダイアログで下記の設定をして、OKボタンを押します。

[プロバイダ]タブ
「SQL Native Client」を選択します。

[接続]タブ
1.データソースとデータの場所を入力します。
 データソースに 「local\sqlexpress」 と入力します。→「localhost\sqlexpress」
2.サーバーへのログオンに必要な情報を入力します。
 「Windows NTの統合セキュリティを使用する。」を選択します。
3.使用する初期カタログを入力します。
 「MYDEMO」と入力します。
  ※使いたいデータベースがMYDEMO.mdfの場合

ConnectionStringの内容は以下のようになっていました。
Provider=SQLNCLI.1;
Integrated Security=SSPI;
Persist Security Info=False;
Initial Catalog=MYDEMO;
Data Source=localhost\sqlexpress;
Use Procedure for Prepare=1;
Auto Translate=True;
Packet Size=4096;
Workstation ID=<パソコン名>;
Use Encryption for Data=False;
Tag with column collation when possible=False;
MARS Connection=False;
DataTypeCompatibility=0;
Trust Server Certificate=False

|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »