« ■TMS Advanced ToolBars & Menusアップデート | トップページ | ☆ListViewの項目並び替え »

☆Microsoft SQL Server 2005 Express Editionへの接続方法

検索が多い項目なので、ちょっとだけ丁寧に説明したいと思います。
データベースやテーブルの作成については、Delphiで接続する以前の問題なので、ここでは省略します。 SQLが苦手な人もSQL Server Management Studio Expressを使えば簡単に作成できますので、まずはデータベースを作っておいて下さい。又、接続にはADOを使っています。(私のはPro版なので、DBExpress用ドライバーがないからです)

(1) フォームにADOConnectionを配置し、それをダブルクリックする。
   (右クリックしてポップアップメニューから ConnectionStringの編集を選択してもいいです。)

(2) 接続文字列を使うにチェックを入れて[ビルド]を押す。

Sql2005_1


(3) SQL Native Clientを選択して[次へ]を押す。

Sql2005_2_3


(4) 接続タブを以下のように設定します。

Sql2005_3

1. データソースにlocalhost\sqlexpressと入力する。 2. 「Windows NT の統合セキュリティを使用する」にチェックを入れる。 (Microsoft SQL Server 2005 Express Editonを推奨設定でインストールした場合) 3. 使用する初期カタログを入力します コンボボックスから、データベースを選択する。

(5) [接続のテスト]ボタンを押して、接続できるかどうかをチェックします。

Sql2005_4


(6) オブジェクトインスペクタのConnectedをTrueにしてみましょう。

Sql2005_5

パスワードを設定していない場合には、そのまま[OK]ボタンを押すだけです。 問題なくTRUEになれば、成功です。

フォームにADOTableDatasourceDBGridを配置して、確認してみます。
  1. ADOTable1ConnectionADOConnection1 を設定する。
  2. ADOTable1 TableName Table を設定する。
  3. DataSource1 DataSet ADOTable1 を設定する。
  4. DBGrid1 DataSource DataSource1 を設定する。
  5. ADOTable1 Active True にする。

ちゃんと表示されたかな?

参考までに
Microsoft SQL Server 2005 Express Editionは、デフォルトのインストールでは、ローカル接続のみとなっているようです。 リモート接続したい場合には、SQL Server セキュリティ構成を実行して、SQLEXPRESS->Database Engine->リモート接続で、「ローカル接続のみ」から「ローカル接続およびリモート接続」に変更する必要があります。 データソースで、サーバー名を設定しても接続できない場合は、ファイヤーウォールよりも先に、この点をチェックしてみて下さい。
と書きつつも、私はまだローカル接続でしか使っていませんけど(笑)
あっ、XQueryを試す場合には、DataTypeCompatibility=80とする必要があるみたいです。Microsoftのホームページのどこかに書いていた記憶があります。

|

« ■TMS Advanced ToolBars & Menusアップデート | トップページ | ☆ListViewの項目並び替え »