« ☆Buttonのキャプションを複数行表示にする。 | トップページ | ★InstallAware Express6が使えない。 »

☆GDI+を使う。

ニュースグループ borland.public.delphi.graphics の中でGDI+を使うサンプルが紹介されていました。 私は、GDI+を全く使ったことがなく、そのサンプルをコンパイルするだけでも結構大変でした。
ということで、とりあえずGDI+を使えるようにするための手順をメモしておきます。

1.次のサイトからHenri Gourvest氏のGDIPLUSというユニットをダウンロードします。

  progdigy.com
  http://www.progdigy.com/
  (ModulesのGDI+をクリックするとダウンロードのページに移動します)


2.ダウンロードしたファイルを解凍して、gdiplus\pasフォルダをライブラリパスに設定します。


以上で、GDI+を使える環境が整ったので、デモをコンパイルしてみます。
(gdiplus\demos\Getting Started\Drawing a String\GDDITEST9.dproj)
ファイルを開いてコンパイルすると
[DCC エラー] DirectDraw.pas(358): E2154 'IDirectDrawSurface' 型は終了処理が必要です
 - 構造体の可変部に置くことは許されません
というエラーが表示されました。

なんとなくDelphiのバージョンによるエラーっぽいと思い、いろいろ調べてみました。
結果として、次のような処理でコンパイルすることができました。

jedi.incファイルで次のコメントを検索します。
// VERXXX to COMPILERX, DELPHIX and BCBX mappings
そして次の処理を挿入します。(Delphi2007をDelphi7と認識させます。)
//------------------------------------------------------------------------------
// VERXXX to COMPILERX, DELPHIX and BCBX mappings
//------------------------------------------------------------------------------

{$IFDEF VER180}
  {$DEFINE COMPILER7}
  {$IFDEF BCB}
    {$DEFINE BCB7}
    {$DEFINE BCB}
  {$ELSE}
    {$DEFINE DELPHI7}
    {$DEFINE DELPHI}
  {$ENDIF}
{$ENDIF}


これで、無事コンパイルすることができました。


[参考にしたサイト]

MemoNyanDum
http://junki.lix.jp/
Delphiを使った画像処理では知らない人はいないかも知れませんが、今回お世話になったサイトです。 デザインもとっても素敵です。

progdigy.com
http://www.progdigy.com/

About.com Delphi Programming
Delphi Compiler Version Directives

|

« ☆Buttonのキャプションを複数行表示にする。 | トップページ | ★InstallAware Express6が使えない。 »