☆配列のサイズ変更で・・・。

配列の要素を増やす処理を書いていたときの話です。
Highが配列の要素数を返していると思い込んでしまい、 こんなことでずっと悩んでいました。
ちょっと情けないかも(^^;
// 間違ったコード
procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
var
  I: Integer;
begin
  // 配列要素数を取得しているつもり → 実際は、配列要素数-1
  I := High(TestArr);
  // 配列要素数を一つ増やしたつもり → 実際は、前のまま
  Inc(I);
  SetLength(TestArr, I);
  // 増えていることを確認するためにHighを使った。
  I := High(TestArr);
  // 一つ増やした要素に代入しているつもり → 実際は、要素の最後に代入
  TestArr[I] := 1000;
  // 結果として増えていない!
end;


// 正しいコード
procedure TForm1.Button3Click(Sender: TObject);
var
  I: Integer;
begin
  I := Length(TestArr);
  Inc(I);
  SetLength(TestArr, I);
  I := High(TestArr);
  TestArr[I] := 1000;
end;

|

その他のカテゴリー

ADO | ADT | API | ArrayList | ASP.NET | BDE | BDP.NET | BdpConnection | Borland Developer Studio 2006 | CAPICOM | class | ClipBoard | CodeEditor | Convert.ToString | Custom component | DBExpress | Delphi 2005 | Delphi 2006 | Delphi 2007 | Delphi XE2 | Delphi7 | Delphi8 | Device Driver | Dialog | Docking | DocuWorks | Docuworks SDK | Drag&Drop | Evernote | EXCEL | Firebird | FireMonkey | Game | General | Generics | Google Earth COM API | Google Maps | Google SketchUp | Graphic | IDE | Imm | Indy | InstallAware Express6 | InterBase Admin | JWW | Microsoft SQL Server | MyBase | OnMouseDown | Oracle XE | Paradox | PreviewHandler | PrintDialog | PrintPreviewDialog | PropertyGrid | PSDファイル | Ribbon Controls | RichTextBox | Servers | SubClass | TAction | TActionList | TAnimate | TButton | TCategoryButtons | TClientDataSet | TComboBox | TComboBoxEx | TCustomEdit | TDBGrid | TDockTabSet | TDrawGrid | TEdit | TExcelApplication | TFont | TForm | third party | TImage | TLabel | TList | TListBox | TListView | TMemo | TOpenDialog | TOutlookApplication | TPageControl | TPanel | TRichEdit | TShellResources | TStringGrid | TTabControl | TToolBar | TToolButton | TTreeView | TWebBrowser | Update | VCL Styles | WinInet | XE2 | XPman | オープン配列パラメータ | グループ化 | トランスレーションマネージャー | ファイル処理 | ファイル名処理 | 動的配列 | 投票 | 文字列処理 | 日本語入力 | 暗号 | | 音声合成利用